よりよく生きる 脳について

脳を活性化する方法は、善の心や意識の実践・ミニマリスト・書くことの3つを掛け合わせることだ

 

人生の後半戦、脳を若々しく、活性化したいですよね。

脳がいつも生き生きしていることで、すべてうまく回っていきます。

そのためには、3つのことを掛け合わせて実践することです。

つまりは、

  1. 善の心や意識の実践
  2. すべてにおいてミニマリスト
  3. 書くことで浄化

この3つのポイントを考えてみました。

1つずつ詳しく説明していきます。

 

脳の活性化のために 善の心や意識の実践

 

脳とは、意識の受信体です。

ですので、意識を浄化することで、

脳がいつも浄化されたものを受信することになります。

脳の活性化のためには、意識の浄化が大切です。

意識を浄化するためには、善の心や善の意識が大事になります。

脳の活性化のための善の心や善の意識とは何でしょうか。

身近な日常生活から取り上げてみると、

  • 心が素直で純粋であること
  • 潜在意識、無意識まで浄化されていること
  • 期待しない、無理しないを実践していること
  • ゆったりとありのままの境地で過ごしていること
  • お金よりも時間を大切にしていること
  • 利己主義ではなく、思いやりと愛情を持っていること
  • 困っている人に手を差し伸べる精神的な余裕があること
  • 復讐心、競争心がないこと
  • 野心がないこと 出世欲がないこと
  • 世間体、見栄を気にしないこと

このような感じでしょうか・・。

上記のような世俗にまみれているような感覚では、

脳の機能も活性化しないんですね。

 

余計な情報をストックせずに、いらないファイルを削除しておきましょう。

PCと同じですね。

過去のいらない記憶を保存しておくと

新しい情報を取り入れることができなくなります。

脳の機能も、PCと同じです。

速度が速く動くためにも、身軽にしておかなければいけません。

意識を浄化して、きれいにしておきましょう。

脳の活性化のためにも、心が復讐心に燃えていたりすると、

脳がフリーズしてしまいますよ。

やはり、心の浄化、意識の浄化をすることで、

脳の機能が良くなり、脳活性化につながっていきます。

 

何のために生きているのか? ソクラテスの善く生きるを実践!

  私たちは、現生で何のために生きているのでしょうか? ソクラテスは、善く生きること・・を説いていますが・・   何かすごいことをして、有名になるためでしょうか? 仕事をして、たく ...

続きを見る

 

脳の活性化のために すべてにおいてミニマリストになる

 

脳の活性化のためには、

食生活、すべての生活の事柄において、

ミニマリスト系に傾けることが大事になります。

(時々、アーティスト、作家系の方で、多くのモノに囲まれて

才能を発揮している方がいらっしゃいますが、天才肌、特別であると思います。)

腹八分では、脳の機能も回っていきません。

どんなことでも、腹6分、いや、5分ぐらいにして、

脳の活性化を図りましょう。

 

脳が活性化するためには、

  • すべてを手放している
  • ミニマリスト系、小さい生活をしている
  • 整理整頓ができている
  • 食も少なく、節食主義
  • モノにこだわらない
  • コレクションをなるべくしない

 

若い時は、コレクションをしたり、モノに拘っている方で

元気な方もかなりいらっしゃいますが、

人生の後半では、モノが健康の足を引っ張るのではと感じています。

人生の後半は、重荷を背負わないこと、

やはり、ミニマリスト系で、こだわりがなく、

軽やかに過ごしていくことが大事です。

 

脳の活性化のために毎日食べるものとは? 脳に必須な栄養を考察

  本に書いてある、巷に噂されている 栄養学、栄養に関する情報などなど 本当にあっているのでしょうか・・ という疑問が前々からあります。 日本のよくある食事ですが、学校の家庭科でも習ったよう ...

続きを見る

 

脳の活性化のために 書くこと、アウトプットを実践する

 

脳の活性化のためには、アウトプット、書くことが大事です。

インプット、知識を取り入れるよりも、

アウトプット、書くことを毎日実践することが大事になります。

 

毎日の生活で言うならば、

本を読むよりも、ブログを書くこと、文章を書くこと。

確かに、本をある程度読んでいないと、

書くことができない、コンテンツがないと言う場合もあります。

その場合は、知識をある程度入れることも必要ですが、

読むこと、知識を取り入れることの方に重点が置かれがちですので、

意識して、書くこと、アウトプットに力を入れてみることをお勧めします。

 

脳の活性化という点から見てみると、

書くこと、アウトプットすることは、

指を使う、ペンを持つ、キーボードを打つという行動の方に

時間を使いますので、指を動かすことで、

脳の活性化の時間が増えるということではないでしょうか・・。

 

書くこと、書くこと、

書くために、読むこと・・

このサイクルを回していきましょう。

 

書くことの大切さと効果 カタルシス(浄化)の意味がある

  読書が趣味です・・という方はものすごく多い。 しかし、文章を書くことが趣味です・・と趣味の欄に 書いている方を見たことがない。 絵を描くことが趣味ですの方はいらっしゃいますよね。 もっと ...

続きを見る

-よりよく生きる, 脳について

© 2021 記憶と記録 人生をより良くしよう