よりよく生きる

豊かで幸せな人生を送るために一番大事なこととは?

 

人生の失敗は、多くを所有すること、多くを望むことから・・

これをひしひしと感じています。

 

私自身、基本的に多くを所有すること、望んでいませんが、

世の中の風潮から、セーブしていないと、こちらの方向にいきがちで、

多くを所有してしまい、望んでしまう傾向になってしまうのです。

 

普通にしていると、多く所有、多くを望むことは、

とてもいいことであると思われますし、憧れることでもあるのですが・・

これがワナなのです・・

 

豊かな人生のコツ モノを多くを所有しないことが大事

 

豊かな人生とはなんでしょうか?

多くの方の間違いとは、

豊かな人生とは、物質的に豊かなことであると勘違いしていることです。

それだと、唯物論者になってしまうわけです。

 

多くの富を持ち、豪邸に住んで、

事業も成功して、有名になっている方達・・

今では、セレブであるともて囃されているかもしれないですが、

本当に彼らが豊かな人生を送っていると思いますか?

 

聞いたことは、モナコ公国の王家の方達は、

素敵に見えるかもしれないけれど、

とても寂しく、悲劇的で不幸であるとのことでした。

F1グランプリが開催される場所で、ヨットに乗って、

南仏のリビエラ海岸で優雅に過ごしていたとしても・・

実は、不幸であるとは、どういうことでしょうか・・

なぜ不幸なのでしょうか・・富裕層の争いでしょうか・・

お金にも苦労しない、ブランド物は全て所有している、

豪華な家、別荘、ヨットまで所有しているのに・・

世界旅行も簡単にできる人たち・・ホテル滞在も最高級レベル・・

しかし、不幸なんですね・・どういうこと??

 

対照的に、ミニマム生活、ツリーハウス、

田舎で自給自足をしている人たちが

とても輝いていて、幸せそうで活力がある様子を観察できます。

 

 

つまり、人生が豊かで幸せであるかどうかは、

モノではない、家ではない、

リッチであるかないか・・関係ないようですね。

 

もっと簡単に身近な例で見てみると、

車を所有している、車を持っていない・・の例で、

車を持っていると、便利ですが、

車検、保険、駐車場など、いろいろとお金がかかりますね。

ガソリン入れなきゃ、点検しなきゃ、とても面倒です。

しかし、車を持っていないと、歩くことになりますが、

毎日歩いて健康、お金がかからない、

歩くことで、毎日発見、余裕もあり、楽しくなるのです。

 

つまり、モノがあると、それを維持、管理することに

時間や労力が取られることになるのです。

モノがなければ、その必要がないというわけです。

家の中もそうですよね。

たくさんのモノがあると、整理整頓に時間がかかりますが、

モノが少ないと、整理整頓もあっという間です。

引っ越しを経験すると、モノは少ない方がいいな・・

と実感としてわかりますね。

 

多くの人が旅行、旅をすることを好みますが、

それは、新しい世界を見たいだけでなく、

毎日の家の雑多なことから離れたい・・

これがあるのではないでしょうか・・

もっと家の中のモノを少なくすれば、

旅行や旅もいらなくなるかもしれないですよ。

 

豊かな人生のコツ 多くを望まないこと

 

豊かな人生のコツは、多くのモノを所有しないことだけでなく、

多くのことを望まないことも大事なのです。

欲望が多すぎることが現代のワナではないでしょうか・・。

 

私が学んだところによると、

映画やドラマの影響を受けてはいけないとのことでした。

映画を趣味、娯楽にしている方も非常に多いですね。

私は、それらは、汚れていると学び、びっくりしました。

私も以前は、映画の試写会に応募して、何度も行きましたね・・

ビデオ借りて、流行りの映画を観ましたよ。普通に・・。

それが良くないとのこと・・

 

つまり、欲望を誘うからでしょうね・・

あれもしたい、これもしたい、

マズローの自己実現理論なども、欲望が前提にあるようで

よくない気もしますね・・。

 

自己実現理論(じこじつげんりろん、: Maslow's hierarchy of needs)とは、アメリカ心理学者アブラハム・マズローが、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものである。

自己実現論(マズローの)欲求段階説、欲求5段階説、など、別の異なる呼称がある。

ピラミッド状の階層を成し(なお、マズローの著書にはピラミッド階層についての言及はされていない)[1]、マズローが提唱した人間の基本的欲求を、高次の欲求(上)から並べる[2]

  • 自己実現の欲求 (Self-actualization)

  • 承認(尊重)の欲求 (Esteem)

  • 社会的欲求 / 所属と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging)

  • 安全の欲求 (Safety needs)

  • 生理的欲求 (Physiological needs)

出典: ウィキペディア 自己実現理論

 

早めに、自己超越になった方がいいのではないでしょうか。

 

自己超越

マズローは晩年、5段階の欲求階層の上に、さらにもう一つの段階があると発表した。それが、自己超越 (Self-transcendence) の段階である。 自己超越者 (Transcenders) の特徴は

  1. 「在ること」 (Being) の世界について、よく知っている
  2. 「在ること」 (Being) のレベルにおいて生きている
  3. 統合された意識を持つ
  4. 落ち着いていて、瞑想的な認知をする
  5. 深い洞察を得た経験が、今までにある
  6. 他者の不幸に罪悪感を抱く
  7. 創造的である
  8. 謙虚である
  9. 聡明である
  10. 多視点的な思考ができる
  11. 外見は普通である (Very normal on the outside)

マズローによると、このレベルに達している人は人口の2%ほどであり、子供でこの段階に達することは不可能である。 マズローは、自身が超越者だと考えた12人について調査し、この研究を深めた。

出典: ウィキペディア 自己実現理論

 

自己超越とは、悟った人・・という感じでしょうか・・。

つまり、欲望が多い状態では、

豊かな人生には程遠いということです。

 

なぜ、多くのことを望んでしまうのでしょうか。

メディアの影響以外には、

自分を生かしたいと思ってしまう、

一度限りの人生であると勘違いをしている、

何か結果を残さなければと思っている、

など、教育の間違いであるとも言えるのです。

多くの方が、意味ある人生にしたいと思っていませんか?

意味ある人生とはなんでしょうか・・。

結果主義、成果主義、

有名になれば、意味ある人生なのでしょうか?

こういう疑問も出てきますね。

結局、多くを望むことで、豊さや幸せから遠くなっていくような・・。

多くを望んでも、現世の100年ぐらいでは、

何も達成できないですし、

結果を出すことができるのは、1つぐらいではないでしょうか・・。

 

豊かな人生のコツ ありのままで、導きに従う

 

豊かな人生のコツとは、リッチになることではなく、

大きな夢を持つことでもなく、

ありのままで、導かれていくことではないでしょうか・・

 

その人なりの状況や運命がありますので、

それに従って、ありのままで多くを望まないこと、

自分はこんなレベルの人生だな・・と

認めて、納得することではないでしょうか・・。

 

人間は平等であると唱えた方もいますが、

実は、人間はそれぞれの縦のレベルや次元があり、

さらに横ならびの価値観などもありますので、

平等でもなく、比べることさえもできないのです。

 

 

-よりよく生きる

© 2021 記憶と記録 人生をより良くしよう