よりよく生きる

多数派より少数派を好む理由

 

世の中は、多数派の意見で流れていきます。

私たちは、小さい頃から世の中の風潮にまみれて生きています。

多数派に同調するのが無難であると思わされています。

特に日本では、この傾向が強いです。

乗り遅れないようにしないと・・と多くの方が思っているかと思います。

あなたは、多数派で、多くの方と意見が同じでしょうか・・

それとも、少数派で、変人と思われたりしているでしょうか?

 

あなたは、多数派ですか? 少数派ですか?

 

私自身、女子校で長年過ごして来ましたし、

子育てで、お母さんたちを見てきましたので、

多くの女性が、乗り遅れないように、他と歩調を合わせたい・・

奇妙な人を思われたり、嫌われたりしたくないと、

いつも周りを注意しながら、うまくやっていこうと思っているのではないか・・

こんな雰囲気や傾向をずっと観察してきました。

 

集団には必ず、リーダーシップ的な方が存在していて、

その人の意見についていく人たちが大多数であり、

ついていく方達は、面倒なことはしたくない・・ということで、

同調していく感じではないでしょうか・・。

たとえ、違うな・・と思っていたとしても、まあ、いいでしょう・・

と思いながら、許容していく感じですね。

そこに、ちょっと異議申し立てをするような人がいる場合もあります。

風変わりな面倒な人であると思われますね。

よく感じることは、多くの方が自分は損をしたくないと・・

この感情がものすごく強いことです。

損はしたくないけれど、面倒なことはしたくない・・

こういう方がほとんどではないでしょうか・・。

当たり障りのないように、家族を守りたいと・・

自分の家族さえよければいいと思っている方も少なくないはず・・。

 

多数派の方は、当たり障りのないようにしたい・・

という方が多いので、リーダーの方の匙加減で、

右にも左にも揺れることができる感じでしょうか・・

 

本当は、自分の意見がしっかりしている少数派でないと

いけないのではないのか・・とよく感じます。

当たり障りがなく、自分の家族さえ守ればいい・・

こういう感覚だと、世の中もよくならないですし、

巡り巡って、自分のところに悪いことが回ってくるはずです。

 

子供の小学校で出会ったお母さんがこう言っていました。

「子供には公務員にさせたいわ・・特権があるから・・」

びっくりしましたが、こんな風潮があるのです。

私自身、公務員を知らないのですが、そうなのでしょうか??

 

少数派の中に真実があるのでは・・

 

多数派の流れの中には、真実はほとんどないと言えるでしょう・・

少数派の中に本当のことが潜んでいる・・

世界中の状況から見ても、このような状況であると思っています。

個人個人のさりげない意見、小さな意見などが大事ですね。

何か大きなバックからの誘導がない、忌憚のない意見ですね。

みんなが言っていることではなくて、

自分が実際に見て、本当に思ったことを発言したり、書いてみませんか?

 

 

 

 

 

 

-よりよく生きる

© 2021 記憶と記録 人生をより良くしよう