よりよく生きる

がんばりますという言葉をやめてみませんか?

がんばります・・

日本ではこれを言われる方が非常に多いです。

日本人の特徴的な言葉でもあります。

がんばります・・を英語やその他の言語に置き換えるのも難しい・・

つまりは、真摯に取り組ませていただきます・・

これを簡単に、がんばります・・と言っているのだと思うのですが・・

安易に、がんばります・・と言わない方がいい。

言うのなら、やってみます・・進めてみます・・

これでいいのではないでしょうか・・。

なぜ、がんばりますの言葉がよくないのでしょうか・・。

 

がんばりますの言葉は、奴隷的感情、無理へとつながる

 

がんばります・・と言うことで、

必死にやらなくては・・と奴隷的感情や行動になってしまいがちです。

それは、受け身的な人生があるのではないでしょうか・・

がんばります・・と言わなくても、

真剣に取り組んでいる人も多いのです。

あえて、がんばります・・と言うことは、

誰に対して言っているのでしょうか・・

上司や世間に対して、真面目に取り組んでいることを

アピールしたいという感情もありますね。

そのような奴隷的感情はいらないはず。

やるのか、やらないのかの判断は、自分にあるはず。

強制されて、やっている状態がよろしくないわけです。

無理にもつながるのではないでしょうか・・。

 

がんばりますということは、自分の内側の問題であり、公表することではない!

 

あなたが、がんばろうが、そうでなかろうが・・

他人には、まったく関係のないことなのですが・・。

日本のように、みんなで協力体制が大事な場合は、

このようなアピールも必要なのかもしれないのですが・・。

がんばります・・は、やはり、いらない言葉ですね。

 

がんばります・・と言わずに、

本当に真摯に向き合ってみてはいかがでしょうか・・

と思ってしまいます。

 

 

 

 

-よりよく生きる

© 2021 記憶と記録 人生をより良くしよう