よりよく生きる 脳と腸と食の関係

食べすぎ、情報過多 人生の失敗の原因はこれだ!

 

人生の後半になってくると、

まずは、食べ過ぎはいけないと、自分の身体が自然と伝えてくれる。

これをキャッチしない鈍感な人は、続々と体調が悪くなる。

若い時と同じようなカロリー摂取では、血液がドロドロになって当然である。

人間には、年齢に応じて、代謝能力がある。

45歳すぎて、50歳に近くなってくる頃には、

20代の半分のエネルギー摂取、カロリー摂取でいいはずである。

また、3食バッチリと食べることが問題である。

いい加減な食べ方、ちょこちょこ食べにして、

がっつりステーキ、とんかつ・・これを避けなければいけない。

同じように、知識や情報の獲得についても同じように言えるのではないか・・

 

食べすぎると血液がドロドロ、情報過多で脳が活性化しない理由

 

人生後半、食べすぎると、脳疾患、心疾患、内臓不調の

原因になってくることは、感覚でもわかると思う。

全身をめぐる血液の流れこそが大事で、ドロドロになることで不調となる。

食べすぎることで、大腸が詰まってしまう・・

腸と脳は繋がっているらしいのです・・

 

これを同じで、私たちが実は意識していない、情報過多の問題。

電車に乗れば、釣り広告、多すぎる雑誌や本の数々、

テレビのうるさすぎる情報、ネットでも同じく多すぎる情報。

あまりにも多くの情報に晒されて、私たちの脳はパンク状態である。

この状態では、脳が活性化しない。

 

脳が活性化するためには、ほんの少しの最良の情報だけでいいのだ。

日本の受験勉強でもそうではなかっただろうか・・

本当にベストな本やテキストを何度も繰り返すことで

点数が取れるようになった記憶がある方も多いと思う。

 

時々、こんなことを耳にする。

世の中のすべての本が読みたい・・

すべての映画が観たい・・

これではあれもこれもたくさん食べたいと同じことであり、

脳が詰まってしまう・・

多くの知識を獲得することがいかにもいいことのように・・

よく思われがちであるが、実はそうでもなくて、

あまりにも多くの無用な知識を獲得すると、

脳の働きが悪くなってしまう。

あそこでは、ああ言っていた・・ここではこう言っていた・・

振り回される原因となる。

心や精神が崩壊するのである。

近年の精神疾患の原因もこれではないのか・・

 

 

大事なことは、多くの情報を獲得するのではなく、

まずは、どの情報が正しいのか、

本当に正しい真実を見極めることである。

そして、そこを深掘りしていくことではないのか・・

 

大切な情報はほんの少しである!

 

世の中にはたくさんの本がある。

私は本屋を眺めることが大好きですが、

本を購入するのは、ほんのわずかです。

読書家は、1ヶ月に100冊・・なども見ますが、

これって、本当に良いのでしょうか?

 

実際に、子育ての時には、私自身も絵本を楽しみたいこともあり、

子供のための絵本を大量に揃えましたが、

実際に子供の血となり、肉となった絵本はわずかだったと記憶しています。

今、若いお母さんたちに伝えるのなら、

子供に与える絵本は数冊でいいと・・

 

昔だったので、私は数冊の絵本で育ちました。

実家の母親は絵本をたくさん読む必要、買う必要はないわよ・・

私が子供に絵本をたくさん買っていたときに言っていました。

実際に、経験では、確かにそうでした。

 

アマゾンの本購入の画面を見ることも多く、

類書なども同時に見ることができて便利ですね。

ざっと、関連本なども見るのですが、

紹介やレビューなどを眺めるのは楽しいのですが、

よほどでないと購入しません。

 

私は、食べるものでも、添加物、加工品、遺伝子組み換え食品など

体に悪いものを購入することが大嫌いなのですが、

同じように、本や情報でも、悪いものが多い気がします。

 

食でも本でも情報でも、

これって、怪しい・・よくないかも・・という

直観を働かせることが大事です。

 

私は毎日行くスーパーで慣らされたせいなのか、

(主婦業もかれこれ、25年以上ですからね・・)

野菜や果物が本当にフレッシュかどうか、

本当に良い野菜であるかが見た瞬間でわかります。

もうお店に入った瞬間にわかりますけどね・・

 

本や情報もなんとなくわかるようになってきました。

Twitterなどで訓練できたように思います。

 

良いものの見分けができずに、悪い情報に流されると、

間違った方向に誘導されてしまいます。

 

人気取りの、中身の薄い本がいかに多いことか・・

このような本を読むのなら、寝ていた方がマシですね・・

映画も90分とかで、時間の無駄なので、観ないですけどね・・

 

 

情報獲得より、書くことをしよう、アウトプットしよう!

 

情報過多とは、受け身の人生を意味するのではないでしょうか・・

情報や知識ばかりを詰め込んで、

誰かが言っていることを鵜呑みにするのでしょうか・・

それよりも、情報獲得を一旦やめてみて、

自分から発信の習慣をつけてみてはいかがでしょうか・・

 

 

 

 

 

 

 

 

-よりよく生きる, 脳と腸と食の関係

© 2021 記憶と記録 人生をより良くしよう