記憶 男性と女性

結婚記念日で、夫婦の関係をより良く!

 

結婚記念日は、新年のお祝いよりも大事だと思いませんか?

人それぞれ違う、結婚記念日。

今年は、何年目だ・・という確認とともに、

今までを振り返り、この1年をどう過ごすのか・・

独身時代ではなく、結婚をしたのなら、

結婚記念日を元に、1年を回してくのが良いと思うのです。

 

結婚記念日で夫婦の関係をより良く!

 

我が家の結婚記念日は、まさに本日、7月12日です。

1995年に結婚をしているので、26年目でしょうか・・。

結婚記念日が何年目か調べるサイトがありましたので、調べてみました。

すでに、宝石の贈り物の時代に突入していますね。

こちらのサイトから計算をしてみました。

https://keisan.casio.jp/exec/system/1183426342

我が家は、主人が神父さんから薔薇の花1本を贈るようにと

結婚式で言われていましたので、それを守っていました。

特に、上記のような贈り物をしていなかったのですが、

表を見ると、毎年、少しずつ家庭を成長させていく様子がわかります。

良いものを少しづつ揃えなさいということですね。

日本では、新年のお祝いで、今年はいい年になるように・・との

習慣が根付いていますが、

私は、結婚記念日を元に、1年を回していくことをお勧めしてしまいます。

新年の抱負など、みんなが当たり前にやっていること・・

そうではなくて、オリジナルな日付で、夫婦揃って、結婚記念日を元に

結婚記念日、何年目は何をしよう・・と手帳に記録するのはどうでしょうか?

 

結婚記念日といえば、プレゼントとディナーという固定観念を外して、

モノではなく、結婚記念日には、この1年を振り返り、次の1年の抱負を語る日・・

つまり、1年を内省する日であるべきだと思うのです。

生活がいつも、ディナーとかプレゼントとか、唯物主義、モノ主義になりがちです。

記念日というのは、もっと、内側を大切にした、夫婦揃って、自らを振り返る日だと思うのです。

 

もし、結婚記念日を中心に1年を回していくなら、

もっと夫婦関係が大事である・・という風潮が流れるのではないでしょうか。

 

時代に合わせて、遠隔オンライン夫婦のすすめ

 

さて、夫婦の関係が大事だと言っていますが、

我が家は、遠隔オンライン夫婦です。

子供を連れて、海外で親子留学を10年以上していますので、

主人は日本で働いているという逆単身赴任です。

この単身赴任家族は、私で2世代目で、

私の実家でも、父親が海外で20年以上働いていましたので、

海外と日本と離れて生活することに慣れています。

昔は、メールもスカイプもなく、国際電話だけでしたので、

連絡を取ることが大変な時代でしたが、今では、そんな不便もありませんね。

 

コロナ時代になり、お父さんが家で仕事をする方も多くなっています。

我が家の主人もリモートワークで、月に数回の出社だそうですので、

もし、私と子供が日本にいたとしたら・・と恐ろしくなってしまいます。

先日、主人もこう言っていました。

「リモート家族で良かったよ・・一人で集中して仕事をしたいこと多いからね・・」

今の時代は、リモート、遠隔夫婦こそ、うまくやっていけるのかもしれませんね。

我が家は、子供のことを第一に考えて、このようなリモート家族、夫婦になりました。

 

-記憶, 男性と女性

© 2021 記憶と記録 人生をより良くしよう