心の健康診断

心の健康診断 自分を守っていますか?

 

心の健康診断 大事なことは、

自分の心を守っていますか?

 

心の健康診断とセーフガーディング

 

アドラー心理学でも、自己防衛論、セーフガーディングは

大事なキーワードの1つです。

 

もし・・・だったら、できたのに・・

あなたのせいで、なんて不幸になってしまい・・

上記のような例は、何を守ろうとしているのでしょうか・・。

 

それは、自尊心なのです。

私たちは、無意識に自尊心を守っているのです。

 

自尊心とプライドの違い

 

自尊心とは、「自分はありのままの自分でいい」

プライドは、「他者と比較をしている状態」

 

自尊心が低い場合は、プライドの状態である。

この状態をアドラー心理学では、共同体感覚が低いという。

 

 

誰かを批判することで、自分を守っている!

 

私たちは、スピーチをする前などに、

「緊張をしているんです・・」ということで、

うまくいかなくでも許してね・・という自己防衛をしている。

 

また、誰かを批判することで、自分の存在を守っていることが多い。

 

心の健康のバロメーターは、アドラーの共同体感覚

 

心の健康のバロメーターは、

共同体や社会と繋がっている感覚

コミュニティーへの

  • 貢献感
  • 安全感、信頼感
  • 居場所がある感覚

これらの感覚は、主観的なものでよい

アドラーのいう、共同体感覚を育てることが大事。

 

例えば、うつ病などの場合は、共同体感覚が低くなっている。

信頼できない、安心できない・・という場合が多い。

 

 

 

 

 

 

-心の健康診断

© 2022 記憶と記録 人生をより良くしよう