時間管理・整理すること

変化に対応して整理する

 

今、求められていること・・

変化に対応できるのか・・かもしれません。

Absolutely......そうであるはずです。

 

変化に対応する人が生き残る・・ダーウィンの言葉より

 

“It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent.

It is the one that is most adaptable to change.”

Charles Darwin

強い、賢い人種が生き残れるわけではない。

変化に適応できる人種が生き残るのだ。 ダーウィン

 

進化論のダーウィンも、変化に最も適応できる人こそが

サバイバルできると言っていますね。

変化に対応できていますでしょうか?

 

私たちは、守るものが多すぎるとも言えますので

すぐには、変化に対応することができないことが大問題。

伝統、習慣にしばられていないでしょうか?

 

あのときを思い出す・・といって、

ありとあらゆるものを残していませんでしょうか?

思い出グッズで家の中は狭くなっていませんでしょうか?

我が家の主人は捨てることを嫌う方なので、

家の中で、モノに囲まれているだろうな・・

 

変化に対応するために、モノを少なく整理する

 

変化に対応できるためには、すぐに動き出せることが大事です。

動き出すためには、モノが整理していないとできません。

モノが多いと整理整頓で、くたくたになってしまいます。

ストレスフリーで片付けができることも家の中のポイントです。

フリーマネージメントができるようにしておきます。

 

最小限までモノを片付けていくこと、

これでいざというときに動き出しやすくなります。

飾りの部分を取り去って、大事なことだけをする・・

毎日同じことをする・・

これは、サバイバルが得意な元登山家の父親が

よく行っていることです。

靴だけがしっかりしていれば、あとはどうでもなる・・

父親が言っていました。

変化に対応して、いざというときに逃げるためにも

靴は大事であるということですね・・

サンダルだと走ることができませんので。

 

変化に対応・否定された想いを乗り越えチャレンジ

 

モノでなくても、考え方、思考、態度が

すぐに新しい事柄に対応できるためにも、

古い考え方に固執をしないことです。

軽やかに、新しい事柄を受け入れる・・

できるようで、なかなかできないものです。

 

よくある、じっくり考えてみる・・・

これも、じっくり考えても、何も出てこないですからね・・

あっ、そうか・・と即座に対応できるようでなくては、

軽やかさや柔軟性がないとも言えるのです。

 

いままでのことをダメ出しされたかのようで、

また、いままでの自分を否定されたかのように思い、

なかなか、新しいことに手をだすことができないものです。

 

今までの私はなんだったんだ・・・

そんなことは、さっさと忘れて、新しいことに

即座に対応してみましょう・・

固執しないことです。

 

日本は、長く継続することに価値をおきがちでもあります。

しかし、変化に対応することの方が

大事な時代が到来しているのです。

 

明日、夕方、日本が沈没しますので、

午前中に日本国民全員、飛行機で脱出します・・

というアナウンスがありましたら、

何を持っていきますか?

家も、モノもすべてとさよならです。

持ち物は一人小型スーツケース1つのみです。

貴重品、PC関連、洋服少々、健康関連・・だけでしょうか・・

 

-時間管理・整理すること

© 2021 記憶と記録 人生をより良くしよう