働くこと

働くということ、本当に働いていますか?

 

働く目的とは、よくこのように書かれています、

  • 収入を得て生活・自立する(生きるため)
  • やりたいことを実現・仕事をすること自体が楽しい
  • 将来の不安を解消・社会的ステータスを得たい
  • 仕事を通して成長したい・人と関わりたい・社会とつながりたい・社会に貢献したい
  • 理想のライフスタイルを実現したい・働くことで色々な経験を積みたい

 

よく思うことは、多くの方が、働くことそのものよりも、

働いた結果やその後の報酬で何かをしたい、ステータスを得たいなど、

働くこと、そのこと自体を真剣に考えてはいないのでは??と・・。

 

働くとは、人のために動くこと

 

本来は、働くこととは、人のために動くことであるという、

本質を見失ってはいけないと思うのです。

働いている、人のために動いているこの瞬間を

いかに大事にするか、大切に思えるのか・・

これができていますでしょうか?

多くの方が働くことそのものより、働いたことの成果を期待して、

目の前にあることに真摯に取り組むことを忘れてしまいがちでは??

結局、お金が欲しいということで、お給料の高い仕事への憧れ・・

このようになってしまうのです。

また、認められたい、評価されたい方に目がいっていませんか?

 

毎日の仕事に真剣に向き合い、より良い仕事をしている方は

どれくらいいるだろうか・・

職人などは、そのような仕事の姿勢だと思います。

また、自営業の方も自分の仕事として向き合っています。

 

問題なのが、サラリーマン・・公務員など、

ちょっと手を抜いても、わからないといい加減な方も・・

お給料さえもらえればいいという仕事をしている方も・・

ワンクリックだけで、ものすごい収入を得るとか、

不労所得でものすごい稼ぐ・・

この辺りが本当は問題ですよね・・

こういうのも、いずれは問題になることが多いはずですので・・

 

働くことで本当の自分を表現しているなら、娯楽はいらないはず・・

 

働くことは、単なるお金のため、

働くことで、お金を得て、

それで趣味や娯楽に興じたい・・・という方も多いはず。

働くことが単なる手段である方も多いと思いますが、

これ、もったいない構図だと思いませんか?

毎日働く8時間が、自分の修行であったのなら、

素晴らしい時間を過ごしているのに。

 

いつも自分を表現している仕事を大事にしませんか?

というより、自分を表現できる仕事を選ぶことが大事ですね。

若い時に、天職に巡り会うことは幸運なことです。

イチロー選手の仕事への向き合い方などが参考になると思います。

 

しかし、仕事は単なる仕事で、

その他の趣味の時間で私を表現している・・

という信念を持って進んでいる方もいますよね・・

それはそれでいいですね・・

フランス語では、働くことの言葉は、退屈な時間ですものね・・

 

働くこと・・考えるきっかけになれば嬉しいです。

 

 

 

-働くこと

© 2021 記憶と記録 人生をより良くしよう